道東(北海道東)2泊3日の旅(10月中旬) 2021/11/05

【一日目】

たんちょう釧路空港に朝9時半頃到着しレンタカーを借り、いよいよ道東を何処までめぐる事が出来るか??

まず摩周湖に向け車を走らせ約2時間弱で到着、天気も良く微風があった程度で展望台から一望。
ちょうど昼になり隣接されたレストランでラーメンを食べ、摩周湖羊羹などお土産を買う。
駐車場のおじさんから車で30分ほどで行ける「つつじヶ原・硫黄山」を奨められたが時間が無く、諦める。

釧路のホテルに向かう途中で釧路湿原サルルン展望台に立ち寄り、展望できる屋上から釧路湿原を望む。
以前も他の丘のような展望台から見たがやはり大きく自然が残っている。

出来れば釧路湿原をカヌーで見学したかったが、今回は諦める。

夕方ホテルに到着、やはり日が落ちると気温も低下するが耐えられないことはなく、夕食に近くの寿司屋に出向き地元の日本酒と美味しい鮨に出会う。

 

 

【二日目】

 

ホテルの朝食はコロナ過の中、やはり小皿の提供が多くあったが海鮮丼への食材は大皿に盛られておりやはり宿泊客も海鮮丼に多くの方が並ばれていた。やはりうまい!

この日はやや雲が多く根室(納沙布岬)へ向かおうと考えたが、釧路市内から約3時間強かかる為に断念し途中の厚岸(アッケシ)町(ホタテ養殖が盛ん)に変更。
厚岸水鳥観察館により厚岸湖に流れ込む川辺を望遠鏡で覗くと水鳥が戯れているのが見れた。

その後少し東に向かい厚岸道立自然公園海岸線(121号)をのんびりドライブし途中厚岸道立自然公園・琴琵瀬展望台で休憩し公園、海岸線を眺めていると青色の海上コンテナ(20ft)が設置されていた。
2006年製で何の目的・利用かは不明だが防災用?か、色々な個所で利用されている。

休憩後再びドライブしていると途中前方50m先の左側がけから雄鹿が右手雑木林へ横断を目撃、昨日も道路標識に「熊、鹿注意」があったがまさか目の前に雄鹿が横断するとは思ってもみなかった。

昼食は道の駅厚岸グルメ―パークでホタテ蒸し焼きを食し、厚岸大橋・厚岸湖・厚岸湾を眺め釧路へ。
釧路市内で和商市場(海鮮)へ寄り晩飯の刺身・ホタテ等を買い込み夕食とした。

 

 

【最終日】

  

ホテルで朝食を食べに食堂に降りるがやはり土曜日は観光客が多く少し密集化、食事後阿寒湖にむけホテルを出発。

昨日の天候と同様に雲が多く風も出てきたがまだ12度程度の気温。
240号線を北上し、途中の道路は直線箇所がかなり続きスピード違反摘発が多いのも理解する。(安全運転第一)

阿寒湖湖畔に到着、遊覧船出向時間に間に合わず阿寒湖アイヌコタンでお土産店により遊覧船の話をすると、今日は天候が悪いので阿寒湖畔エコミュージアムセンターに「まりも」も展示があると進められ向かう。
このセンター入口に木彫りの梟🦉が3羽あり、演劇会場入り口にも梟🦉があった。
やはり気温は7度前後に下がり風もかなり強くなってきたが、センターに入るとお店から薦められた「まりも」もあり満喫した。ホールに雄鹿の燻製が展示してあり目の前に見るとやはりかなり大きく衝突した場合車両が壊れるのも理解した。

空港に向かう途中、釧路市丹頂鶴自然公園により飼育されている丹頂鶴(つがい)を見学。
この場所に11月になれば丹頂鶴が飛来するとの事、この場所で鶴の鳴き声が聞こえたが鶴は確認できず。

帰京し翌週は釧路地方がかなりの気温低下・雨・風が吹き天候が悪くなったようで、良い天気に恵まれたことは良かった。

by M.T.