Wi-Free(ワイフリー)システムは、生鮮食品などの鮮度を長時間維持しながら保管・輸送できる最新の鮮度保持システム(O’s & Tec 社製)です。
当社EFIでは、このWi-Freeシステムを搭載した冷蔵・冷凍コンテナ(Wi-Freeコンテナ)を取り扱っております。

 

■Wi-Free(ワイフリー)システムとは

コンテナ内部に特殊な静電場を形成することにより、食品などを凍らせることなく鮮度を保持し、Wi-Freeコンテナ利用に伴う保管輸送時の時間経過によるダメージを大幅に減らすことのできる画期的なシステムです。
また、Wi-Freeシステム稼働による効果として、肉や米などの熟成効果が認められ、食品の旨味がアップするという検証結果も出ています。
Wi-Freeシステムは、業務用冷蔵庫、定温・冷蔵倉庫、氷感SO庫(12フィート)、Wi-Freeコンテナ(20フィート、40フィート)などで取付け活用されています。

 

 

 

■Wi-Freeシステムの効果

・従来の冷蔵保存に比べて鮮度保持の期間が飛躍的に伸びます。
・Wi-Freeの特殊技術により、食品の旨味成分の元となるアミノ酸が増加します。
・長期保存が可能になることで、食品のロスを削減できます。

 

■Wi-freeコンテナ

「Wi-freeコンテナ」(ワイフリーコンテナ)とは、Wi-Freeシステムを搭載した冷蔵コンテナ(20フィートまたは40フィート)のことです。
コンテナという国際標準規格の容器にWi-Freeシステムを搭載することで、国内輸送だけでなく、世界中で生鮮品などの輸出入が容易になりました。
また、Wi-freeコンテナは、輸送用途だけでなく、敷地や定温/冷蔵倉庫に設置することで、固定した場所での長期保存も可能です。
さらに、Wi-freeコンテナを利用することで、生産地またはWi-Freeシステム設置の定温/冷蔵倉庫から食材の保管・輸送に同一の条件、状況で鮮度保持が可能となりました。遠隔地まで途中で積み下ろしすることなく一つのコンテナで輸送、Wi-Freeコンテナ設置が可能です。

 

■Wi-freeコンテナの特徴

・庫内に特殊な静電エネルギーをかけることで、氷点下でも凍結しにくい
・食品などの生鮮品を凍結せずに低温で保存することで長期間の鮮度保持が可能。
・熟成効果により食品の旨味がアップ

 

■Wi-freeコンテナの効果・メリット

・食品輸送できる範囲が拡大
・長期保存できるので、出荷タイミング、積載量などを効率よく出荷調整することが可能
・食品ロス、生花の廃棄などの損失を最小限に抑えることができ生産者にもメリットが大きい
・保存中、輸送中に食品の旨味がアップすることにより付加価値がアップする

 

■Wi-freeシステムによる保存試験

 

■Wi-freeコンテナの活用方法

(1)生鮮食品や生花の輸送用として
 長時間の輸送でも新鮮なまま商品をお届けできます。
 国際規格のコンテナですので、国内だけでなく海外への輸出も可能です。

(2)保存倉庫として
 大型の定温/冷蔵倉庫として、敷地に固定してご利用可能です。
 Wi-freeコンテナなら定温/冷蔵倉庫を建設するよりも短期間で設置できます。
 ※電源の手配、役所への申請等必要事項はお客様負担

 

■Wi-freeコンテナが活躍できる事業フィールド

【設置型】
・農業 ・漁業 ・花卉業 ・加工業 ・店舗
【輸送型】
・トラック輸送業 ・貨物船輸送業 ・鉄道輸送業 ・貿易業

 

■ベトナムに70台納品

EFIでは、ベトナムにWi-free搭載用の定温/冷蔵コンテナを70台納品しました。
※EFI納品の冷蔵コンテナにO’s & Tec社(提携会社)のWi-freeシステムを搭載。

 

■Wi-freeコンテナに関するQ&A

【Q】すべての食材にWi-freeシステムは有効ですか?
【A】Wi-Freeシステムは多くの食材で有効ですが、一部の食材で鮮度維持効果が確認できないものもあります。またこのシステムは微量のオゾンを発生させ、脱臭、消臭効果があるため、香りを楽しむ食材には向いていないとも言われています。
詳細は多種多様の食材の実験結果ページをご参考ください。→(実験結果ページへのリンク)

【Q】導入前に、自社で取り扱う食材などに、Wi-Freeシステムが有効かどうかをお試しすることはできますか?
【A】はい、御社の扱う食材でWi-Free効果を試すために、実験室をご提供させていただいております。

【Q】自社ですでに所持している冷蔵庫や冷凍コンテナにWi-Freeシステムを取付けることは可能ですか?
【A】可能です。ただしメーカーや形式によって取り付けできない場合がありますのでお問い合わせください。

【Q】消費電力はどのくらいかかりますか?
【A】Wi-Freeシステムを利用する容積や規模、冷蔵・冷凍などの温度帯にもよりますが、一般的な冷蔵・冷凍コンテナにかかる電力に対して、Wi-Freeで必要な電力は1~3%程度と、非常に少ない電力で稼働します。

【Q】工場や敷地内に設置するならWi-Free搭載の冷蔵倉庫と、Wi-Freeコンテナとどちらがおすすめですか?
【A】使用用途にもよりますが、Wi-Freeシステムを倉庫に搭載する場合とWi-Freeコンテナを利用する場合ではそれぞれにメリット・デメリットがあります。
 倉庫で利用する場合は広大な容積を確保できるのが大きなメリットですが、反面建築コストが大きく、完成までに時間がかかるなどのデメリットがあります。
 Wi-Freeコンテナで利用する場合、容積は限定されますが、倉庫に比べると建築コストは安く、納期も短いです。また固定した場所だけでなく、移動できること、不要になれば売却できるなどのメリットもあります。

【Q】発注してからの納期はどのくらいですか?
【A】発注の仕様により様々ですが、およそ数週間~3ヶ月が目安となります。
 既存のコンテナにWi-Freeをインストールするだけなら短いですし、はじめから新造で作るなら数ヶ月かかります。

【Q】陸路の輸送中もWi-Freeを作動させ、鮮度を保つことは可能ですか?
【A】可能です。専用のコンテナシャーシを使い、シャーシまたはコンテナに取付けた発電機(オプション)でWi-Freeシステムを稼働させる事ができます。

【Q】Wi-Freeコンテナの価格はどのくらいしますか?
【A】これも仕様により様々な価格帯となりますが、およその目安として、一般的な冷蔵・冷凍コンテナと比較すると、1.5倍程度の価格帯とお考えください。
具体的な金額を知りたい方は、EFIまでご相談ください。

 

■お問い合わせ

Wi-freeコンテナに関するご質問等は、弊社までお気軽にお問い合わせ下さい。
→ お問合せフォーム

株式会社EFインターナショナル
TEL: 045-264-4540 (平日9:00~17:30)
FAX: 045-264-4539 (24時間受付)