飛行機から見えた大井ふ頭コンテナターミナル(動画) 2021/07/21

先日、鹿児島に出張してまいりました。

鹿児島や宮崎といった南九州への営業強化をしていきたいと思います。

予定よりも鹿児島県内の移動に時間が掛かってしまいました。
鹿児島県の面積は9,187キロ㎡に対して、神奈川県・東京都・埼玉県を合わせても8,405キロ㎡しかないのですね。
鹿児島県は広いはずです。(全国10)

梅雨は明けたもののスコールのような雨が突然降りだし、桜島をゆっくり楽しむようなこともできませんでした。
しかし鹿児島ではコンテナへの強い愛情を感じる素晴らしい方にも会えたのが大きな収穫でした。

ところで、都心上空を飛行するルートの運用が始まり既に1年以上が経過していますが、コロナ禍で遠出する機会も減り、久しぶりに飛行機を利用しましたが今回の帰りの飛行ルートが都心上空を通過するルートのようでした。
見慣れたビルや公園を眼下に見ながらレインボーブリッジ方面にアプローチし、さらには大井ふ頭付近を低空で飛び羽田空港に着陸しました。
飛行機の騒音で住民の苦情があるのはよく承知しています。また、都心上空を飛行中に部品が落下した場合の事故も心配です。そういう方々には不謹慎かもしれませんが、大井ふ頭ターミナルにたくさん積まれたコンテナと本船を見ると興奮せずにはいられませんでした。

by Yossy